>  > 【Y33 シーマ アペックス】パワーインテーク シーマ III FHY33 品番:507-N012
18インチヴェゼルRU系WORK エモーション T7R アッシュドチタン 7.5Jx18Bluearth RV-02 225/45R18

【Y33 シーマ アペックス】パワーインテーク シーマ 3点セット[F.S.R] III マットブラック FHY33 品番:507-N012

図1 超高性能電子計算機プロジェクトで開発された超高速論理LSI

 通産省工業技術院は1966年度、世界最高速の超高速計算機を開発して国産技術を発展させることをめざし、大型プロジェクト「超高性能電子計算機の開発」をスタートさせました。この電子計算機の平均命令実行時間は200~300ナノ秒(1ナノ秒は10億分の1秒)で、心臓部に当たる中央処理装置用として超高速大規模論理集積回路が開発されました。

 この電子計算機の性能を達成するには レビン AE86 エンジン型式:4A-G(5v車)用 エンジントルクダンパー オプションカラー:(13)ピンク シルクロード 1AB5V-N08 、中央処理装置の論理回路の遅延時間を1ナノ秒程度に短縮することが必要で、さらに計算機内の配線による遅れを減らすために回路を大規模集積化しなければなりません。そのため配線幅4ミクロンのパターンを焼き付けるホトレジスト(感光剤)技術や精密プロセス技術 ブリッツ ニュルスペックVS マフラー ノートニスモ DBA-E12改 63524 取付セット BLITZ NUR-SPEC VS スポーツマフラー【店頭受取対応商品】、さらに多層配線基盤技術などが新たに開発されました。

 こうして開発された大規模論理集積回路は 19インチエスティマ ハイブリッド50系 4WDAXEL  アクセル グレール ブラックミラーカット/ブラッククリア 8.0Jx19Bluearth RV-02 225/45R19、論理1段あたりの遅延時間が1.2ナノ秒、集積素子数460のもので、実用されている大規模論理集積回路の中では世界最高速度のものでした。



さらに詳しく知りたい読者は「専門向け」のページもご覧ください。

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-15503