>  > ブリヂストン PLAYZ プレイズ PX-RV サマータイヤ 195/65R15 WEDS ウェッズ TEAD TRICK テッドトリック ホイールセット 4本 15インチ 15 X 6 +43 5穴 114.3

ブリヂストン PLAYZ プレイズ PX-RV サマータイヤ 195/65R15 WEDS ウェッズ TEAD TRICK テッドトリック ホイールセット 4本 15インチ 15 X 6 +43 5穴 114.3

公開日: : 最終更新日:2019/04/02
指示ゼロ経営的コミュニケーション術 人材育成

きっと、あなたの会社には従順な社員と、ちょっと(かなり)反抗的な社員がいると思います。もしかしたら従順な社員はお気に入り、反抗的な社員を厄介と思っているかもしれません。
しかし、組織が次のステージに上がるためには反抗できる社員の存在が必要です。

彼らが反抗のその先の境地に到達した時に、組織ごと成長する可能性があるからです。
反抗するってことは自分の意志、考え方がある証拠、それが組織の推進力になってくれると期待できるからです。

目次

6 X 15 ブリヂストン 195/65R15 テッドトリック 15インチ ホイールセット PLAYZ プレイズ TRICK 5穴 PX-RV 114.3 +43 WEDS ウェッズ TEAD サマータイヤ 6 ホイールセット 4本

リーダーが管理型の場合、従順な社員との相性はとても良いはずです。
従順な社員は、自我の成長でいうところの「中期自我」の段階にあります。自分を律することができ、規範を守ります。ルールや管理に従う事ができる「良い子ちゃん」です。

管理型のリーダーは「後期自我」と言って 【送料無料】 245/40R19 19インチ WORK ワーク エクイップ E10 8J 8.00-19 DUNLOP ダンロップ エナセーブ RV504 SALE サマータイヤ ホイール4本セット、一番イケイケ、我が強い段階にいます。
管理する側とされる側…相性の良い関係性です。おそらく企業では最も多い関係性だと思います。
この関係性で経営をする場合、リーダーは強い緊張を強いられます。自分の判断が全てを決めるからです。経営判断はもちろんの事 、部下の細かな行動まで指示しますので、職場に安息はありません。

反抗的な社員も後期自我の段階にいます。
「俺様」の状態なので FJクルーザー タイヤ・ホイールセット フューエルオフロード スロットル + BFグッドリッチ マッドテレーン 285/70R17 ホイールナット付!お得な5本セット!、後期自我のリーダーが鼻につきウザくて仕方がありません。しかしリーダーに権限が集中しているので自由にはさせてもらえません。

器用な人は、二枚舌を使い、上司を上手にして自分流の仕事をしますが、不器用な人はくすぶってしまいます。よく飲み屋で会社や上司の批判を朗々と語っている人は、おそらくこのタイプだと思います。

さて、後期自我のリーダーですが、今の時代、彼らは非常に悩んでいます。
「部下が自分と同じように成果を上げることができない」と。
それも当然のことだと思います。
だって、今は知恵・創造性の時代です。創造性は自らの意志で考えた時にしか発揮されません。我が強い自分は考える習慣があるからできる、でも、部下にはそれがないからできるはずがないのです。

そして、できないから、より指示を出し管理を強化します。
部下はもっとリーダーに依存するという悪循環に陥ります。

この悪循環から脱却するためには、リーダーの「俺様病」を治すしかありません。
育てるべきは部下ではなく自分だと思います。

俺様病は治す最も有効な治療法は困難に直面することだと思います。
この件に関しては、この記事を参考にしてね!

「なぜ困難に直面した社長は、その後、組織を大きく成長させられるのか?」

自分の力の限界を知った時…成果がでなくなったり失敗をした時に自我にヒビが入ります。すると「成熟した自我」の段階に入り、部下に任せ、信頼して見守ることができるようになります。
後期自我の社員は束縛から解放され自由に活動するようになります。

リーダーの精神的な成長の後に起こる問題と組織の進化

リーダーの管理が薄くなると グッドイヤー EAGLE イーグル LS EXE サマータイヤ 225/45R17 阿部商会 MAK LUFT FF ホイールセット 4本 17インチ 17 X 7.5(BMW14125) +43 5穴 120、次なる課題に直面します。
それは部下の中の後期自我段階の人が仕切り出すという課題です。指示ゼロ経営を導入した会社でよく見受けられる現象です。

しかし、これは対策が簡単です。
リーダーが困難から成長したように、彼らにも困難が訪れるからです。

また、困難に直面した時に一番、ストレスを感じるのは中期自我の社員たちです。
困難を乗り越えるためには適切な指示が必要だと思っているので、それをしないリーダーに怒りをぶつけることが多いのです。

僕はこの混乱状態がリーダーにとっての正念場だと考えています。
不満の矛先を向けられたことに動揺して指示を出してしまうと、元の木阿弥です。
なんとかしようと頑張っている後期自我の社員もヤル気をなくしてしまいます。

そもそも、

、任せたのは自分の力の限界を知ったからです。
なので、「自分が常に正解を示し続けることはできない」と伝え、良い意味で諦めてもらうことだと思います。

指示100だった会社を指示ゼロにすると、多くの場合でこの混乱状態に陥ります。
しかし困難に直面するから社員の意識の成長が起こり、チームが変容を起こすのだと思います。
その推進力になるのは、普段、反抗的な態度を取る、あの部下たちかもしれません。
良い子ちゃんは、諦めた末に、彼らの姿を見て同じような行動を取るようになります。

それでは今日も素敵な1日をお過ごしください!


【現在受付中のセミナー】

□自律型組織を自社に導入したい方!
「指示待ち社員が自ら動く社員に変わる 指示ゼロ経営ベーシックセミナー」

・2019年2月15日(金)大阪開催
・2019年2月20(水)東京開催

□社員の稼ぐ意欲を高める賃金制度を導入したい方!
「組織の創造性と自律性が高まる賃金・賞与の決め方セミナー」

・2019年1月23日(水) 諏訪開催

□みんなが実現を望むワクワクするビジョンを描きたい方!
「描いた未来が現実になる!TOC &指示ゼロ経営式ビジョンデザイン研修」

・2019年2月9日~10日 大阪開催

各セミナーの詳細は下のバナーをクリック!

The following two tabs change content below.

米澤 晋也

1971年長野県生まれ。株式会社Tao and Knowledge代表 株式会社たくらみ屋代表 一般社団法人夢新聞協会理事長。
指示・命令をしなくても自分たちで課題を発見し行動できる組織「指示ゼロ経営」を提唱する。
1人1人が自由に行動し、創造性を発揮しながらも調和する、Jazzのジャムセッションのような組織です。
特に2代目、3代目経営者が自分の組織を創るための実務を得意としています。

最新記事 by 米澤 晋也 (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-11656