【アルビレックス新潟】2017年振り返り (シーズン前〜三浦政権)

/ torisawa / コメントする

 

まずはみなさまお疲れ様でした。残念な結果に終わってしまいましたが、終盤の6試合は長く最下位に位置し降格してしまったクラブの”それ”ではなく、とても熱いサッカーを魅せてくれたと思いますし、これが来季に繋がってほしいと思うばかりです。

まずは選手、監督、フロントのみなさま、お疲れ様でした。そしてこのような状況でもクラブ、選手を支え続けていたサポーターのみなさまには頭が上がりません。今シーズンも素晴らしいスタジアムの空気を作っていただき本当にありがとうございました。

今回はまとめということで今季を簡単に振り返りたいと思います。

 

本当は今シーズンの試合全て観直しながら書きたいのですが、DAZNでそのような予定はなさそうですし、(ストーブリーグが楽しめるので本当にやって欲しい。)その手間と時間を考えるといつまでもまたブログを更新しない気がするので簡潔にだらだらと書いていきます。

 

[CUSCO] クスコ 車高調 マットカーボン ストリートゼロ プレサージュ ノア ZRR80G 2014年01月~ 3ZR-FAE 2.0 FF ※北海道・沖縄・離島は送料別途

 

吉田達磨監督(現ヴァンフォーレ甲府)の2016年9月27日に解任を発表。
片渕コーチが監督に就任し、なんとか降格を免れる事ができました。

[CUSCO] クスコ 車高調 ストリートゼロ ノア ZRR80G 2014年01月~ 3ZR-FAE 2.0 FF ※北海道・沖縄・離島は送料別途,[#tong##]

適合車種車メーカーTOYOTA / トヨタ車種NOAH / ノア型式ZRR80G年式2014年01月~エンジン3ZR-FAE排気量2.0駆動方式FF商品情報品番974 62P CBLFシリーズstreet ZERO BLUE各仕様\前後フロントリアアッパーマウント--減衰力調整-14段車高調整方式全長調整ネジスペーサー推奨車高-55~-20-80~-45最大調整幅-90~0-80~-45参考車高-45-55スプリングレート5 or (6/7)6備考オートレベライザーアジャストロッド:00B 628 JAオプション:リヤの車高ダウン量が少ない「チョイ下げスプリング」を設定(オーダー時は変更無料)納期についてメーカー在庫があれば2~3営業日、欠品時は受注生産の為、数ヶ月お時間がかかる場合がございます。※納期が遅い等によるキャンセルは一切お受けできません。注意事項※ 商品画像は代表車種の物です。車種毎に形状は異なります。※ 製品の仕様や価格の変更、製造及び販売を予告無く中止する場合がございます。※ お客様の見落としや確認ミスでのキャンセル・交換・返品は一切お受けできません。※ 適合情報は随時更新しておりますが、告知なくメーカー側にて更新される場合がございますので、必ずご注文前にメーカー適合表にて最新の適合表をご確認頂ますようお願い致します。974-62P-CBLF 974_62P_CBLF キャロッセ CARROSSER 車高調整 ダンパー サス ローダウン ショック ショックアブソーバー street ZERO ストリート0

そして今シーズンに三浦文丈監督が就任する事になるがその決定が12/12。当初は元ファジアーノ岡山監督で技術委員長を務めていた影山さんや、鹿島で指揮していたトニーニョセレーゾ、さらに城福さんなんて噂もありましたがなかなか決まらず。
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/11/24/kiji/K20161124013782040.html

 

吉田監督の解任から時間があったにも関わらず、次シーズンの準備が一歩遅れてしまいました 。新潟にJで実績のある監督を連れてくるのはとても難しいことであると改めて突きつけられたように思います。

 

さらに主力の流出もやはり止まりません 【送料無料 ソリオ(MA36S)】 165/65R15 15インチ BRIDGESTONE ブリヂストン バルミナ T10 4.5J 4.50-15 DUNLOP ダンロップ エナセーブ EC204 サマータイヤ ホイール4本セット。

 

 

 

このように核となる選手がごっそり抜けてしまいました 【送料無料】 165/55R15 15インチ LEHRMEISTER レアマイスター LMスポーツRS10(マットブラックリムポリッシュ) 5J 5.00-15 DUNLOP ダンロップ エナセーブ EC204 サマータイヤ ホイール4本セット。
移籍金を残すために致し方なかったとはいえ監督も代わり、主力も抜ければ
かろうじて降格を免れたチームでは穴を埋めることはかなり難しいミッションです。

 

ブラジル人3人を同じタイミングで手放さなければいけなかったのは昨年レオと契約延長をした結果起きた事なんですが(新潟日報でその辺の詳細の記事がありましたのでぜひご覧ください)その判断を責めることはできないなぁと。誰もがレオの残留を望んでましたし。

 

そして今シーズンはレンタルバック組を含め32人という大所帯となりました。

ベテランを補強しつつレンタルバック組を含めた若手の成長を即し、言ってしまえば数打ちゃ当たる方式で抜けた穴を少しでも埋めようという狙いが見える補強です。

しかし三浦監督の意向を補強に反映させられる時間もなく三浦サッカーに適さない補強をしてしまったような印象があります。

これは選手の質に問題があると言っているのではなく完全に私の推測ですが、
おそらく三浦さんが目指したサッカーなら堀米は補強リストに入っていなかったと思いますし(SBにもフィジカル的な強さを求めるため)、
守備意識と運動量に不安のあるチアゴではなくてボランチのできるプレーメーカーを獲得していた気がします。

またこれもたらればなんですがジャンの前に噂になっていたブラジル人ボランチであるマテウス・ガウザーニ KOMEHYO 18インチ タイヤホイールセット!アクセラスポーツBL系AXEL  アクセル クリエ グロスブラック/リムダイヤカット 7.0Jx18LEMANSV LM5 215/40R18。彼を取り逃がしたのが痛かったなと思っています ★色番号塗装発送フロントグリル【エルエックスモード】TOYOTA WISH(ウィッシュ) (20系前期) Z/S系 LXブラックフロントグリル(塗装済) 【ZGE20/25】。レオとはタイプが違えど相手の動線を読みながら体を入れて奪いきりシンプルにさばく好選手でした。

 

(選手個人の評価、振り返りはまた別の機会に)

 

シーズンのスタート。乏しかった攻撃パターン

 

初戦広島戦は引き分けでしたが、かなりポジティブな印象でした。

【Jリーグ2017第1節 アルビレックス新潟VSサンフレッチェ広島】ソリッドな守備組織と鋭いカウンター【マッチレポート】

 

しかしその後勝てたのは1勝のみ。コンセプトはよかったが、攻撃戦術が乏しかったという印象です。実際ホニのロングカウンターしか攻め筋がない状態でした。

そして点を取るために、良かった守備のバランスを捨ててチアゴガリャルドを置く等、配置や選手を代えることで攻撃のポイントを増やしました。ボール保持をなんとかできるところまで持っていきましたが、守備バランスを崩してまで得たリターンが大きかったかというとそうでもなく、なんとも中途半端なものになってしまいました。

結局10試合で三浦監督の休養が発表されました。

 

三浦文丈監督の目指したサッカーはアルビレックス新潟の最適解なのではないか

 

三浦監督についてはこのようなことを書いてますが、目指したものは悪くなかったと今でも思っています。ただ前述した通りやり方に見合った選手が連れてこれなかった事と、奪った後のロングカウンターやビルドアップといった攻撃面での整備ができなかったことが厳しかったのかなと 【タイヤ・ホイール 4本セット】 WORK VS-XX F 235/40R18・R 265/35R18 新品 選べるタイヤ タイヤ・ホイール 新品4本(1台分)セット。

 

 

期待の新外国人もなかなかフィットせず、
レンタルバック組や若手で中心になりうる選手が出てこない。

 

抜けてしまった選手たちに背負ってもらっていたものがどれだけ大きかったかという事実を露呈してしまったのが三浦政権のこの10試合なのかなという感想です。

 

(続く)

 

スポンサードリンク