>  > DUNLOP ダンロップ エナセーブ EC204 ENASAVE サマータイヤ 225/55R17 WEDS ヴォルガ7 VOLGA7 取り寄せ ホイールセット 4本 17インチ 17 X 7 +38 5穴 114.3

7 17 WEDS 225/55R17 114.3 サマータイヤ 17インチ 4本 +38 取り寄せ 5穴 ENASAVE 7 VOLGA7 ヴォルガ7 ホイールセット DUNLOP エナセーブ X EC204 ダンロップ ENASAVE

物作りは作物により多く糖合成率上げるが栽培技術

作物は光で糖質を造り成長しているが 光で葉緑素を造り 二酸化炭素を主にカルシュウム マグネシュウムカリュウムに微量のナトリュウムで糖合成を行うが これらのミネラルは作物共生菌が健全増殖に必要の反面 病原菌増殖を抑えるのと高温低温に保護的成分でもあると考えられるので土壌造りには最も大事な成分    障害の多くはチッ素酸化物と無機酸 とカルシュウムなどアルカリ性ミネラルの吸収不足

チッ素は上記ミネラルの吸収を悪くします  微量のチッ素は必要だが有害効能が数多くあるので検証されると良いです 

作物による糖合成の温度

作物で異なるが 一般の作物の糖合成の適温は30℃前後で100とすると 40℃と20℃は糖合成率40% だが40℃は高温のため作物体の糖の消耗が生じるので20℃以下のほうが生育が良い  また高温多湿では糖消耗は大きいく 作物体の糖消耗で体のチッ素は残り体の酸化が進むので高温障害要因の一つ      高温障害の主な原因は酸化と活性酸素による細胞傷害

作 物 の 生 育       土壌で生産コストが変り 食味も変る

 作物は光合成と糖合成で糖質を造り生育し  果実 穀類の実は 糖質<炭素>で造られているが 農家の方々わ農業の三要素のNPKを主にし 

 た指導での栽培のようですが  昔は土壌に炭素が十分あった時代の話

 栽培技術は作物により多く糖合成させるのが技術なのに 糖合成に必要なカルシュウムなどの吸収を悪くするのにチッ素が要素になっている 

 のが 理解できない  確かにチッ素は必要ではあるが微量要素で チッ素には有害効能が数多いので検証されるとよいです 

    NPKの三要素は誰が決めたか知りませんが私は商業要素と思っています

 品質肥大は糖質であり  食味は菌が造るが 施用資材で味は変ることを検証下さい…

 成長に糖質が必要のため 光合成を行うのにチッ素及びチッ素含む核酸 アミノ酸などで光に向け木茎伸ばし葉広げるが チッ素多いとC<糖> 

 N <チッ素>比率でチッ素過多は 根張らずにさらに糖質求め光に向け伸び広げるので チッ素過多は軟弱徒長生育となる  

CN比で糖質多く造られると 次の生育のためチッ素求め根は張その切り替わりが節間と思われる 

チッ素などの酸化物で生長し 作物体は常にカルシュウムなどを吸収しアルカリに調整しているが カルシュウムなど吸収悪いと体は酸化して多くの障害要因となる

天候と生育による肥培管理      天候は み・か・たであり  また障害要因

 栽培管理は 健全生育の姿  木硬く節間短く葉肉厚で小さく生育  糖質多く作られている現われ  畑の妖精で調整可能>

  ・ 高温 低温で作物体の温度は土壌温度で調整しているので根張り大事  ・糖質多いと根は張るが チッ素多いと根張らずに徒長                

  ・ 糖質は活性源で 糖質多く造られると細胞導管はキメ細かく数多く作られ  導管で作物の形状を作るネットの網目は細かく作られるので

     丈夫で果形よく品質 食味食感はよくなる  また細胞導管が数多いので保温効果で天候生育障害に強くなる 

                                                           <細胞導が数多く作られることは根の微細根も多くなる>

天候とカルシュウムなどのミネラルで糖合成は変る    ・ 主な障害はカルシュウムと糖質不足とチッ素による酸化・

                                                                                             チッ素はカルシュウムなどの吸収が悪くするので糖合成も悪くなる

 ・高  温  糖合成低下と作物体の糖消耗で<多湿消耗大> 糖質不足    高温での多雨で土壌菌の急なガス発生で通気性悪いとガスと酸素

       欠乏で根に障害決に

 微生物資材 醗酵肥料施用はガスと酸素欠乏に注意  <カルシュウムは酸化を抑え  菌の増殖を緩和するので予防的  障害の多くは酸化>                         乾  燥  土壌菌増殖鈍化で栄養供給減少と圃場の炭酸ガス濃度減少し糖合成も減る

  日照不足   糖合成減少で糖質不足による根張り鈍化とカルシュウムなど吸収悪く 軟弱徒長  しおれ易く樹勢低下 <樹勢増強必要時期注意>

 ・多    雨    チッ素吸収過多で根張り鈍化とカルシュウム吸収悪く糖質不足で軟弱徒長で樹勢弱る 

                                                                                                                         <開花肥大期に対策必要  高温での多雨カン水は菌増殖でガスと酸欠で根の障害要因>

 高温障害は活性酸素による細胞傷害  チッ素過多は酸化し障害大きく日焼け出易い <畑の妖精散布効果的>

天候と生育障害対策    ・畑の妖精は樹勢増強とともに多くの障害に予防的・

  植物繊維<高分子>の施用で土壌の膨軟化と作物共生菌の健全増殖に必要なカルシュウムなどのミネラルは程よい水溶性の施用

 外気温を根から吸収し体温調整しているので 根張りが大事 ・カルシュウムなどアルカリ成分は高温低温に保護的成分で  高温での酸化を抑える

 高温障害    糖合成の減少と体の糖の消耗による糖質不足 ② 活性酸素による細胞傷害でチッ素による酸化がよりを促進する

    ので チッ素軽減を 雨上がりの好天高温は紫外線強く活性酸素も多いので注意  

                                                                                                                             <酸は温度上がると細胞分解も上がるのが高温障害の一つ>

 ・日照不足   雨多湿の持続から急な好天高温でしおれとともに花落ち 捻実不良 葉先枯れ 額枯れなど出易く 多くの障害要因 となる       

    対 策 ① 好天前畑の妖精300倍で生長点上部に散布  ③ 日照不足中に畑の妖精 カン水

高温乾燥多湿  日照不足 雨多湿など同じ天気の持続では次の天気の対策が必要 天気の急変に作物は対応できず障害の原因になり易い

  上記障害予防に畑の妖精の施用の検討を  天気変る前の予防 土壌散布カン水 葉面散布

 

 生育障害対策  障害は原因解明から

 生育障害の主な原因       ・ 原因は施用資材にあり 過去の施し資材の検討・

 ①  ミネラルの多く施用は難水溶性のため土壌でチッ素と反応し硝酸 亜硝酸 硫化水素など発生し 有害菌の増殖環境になっている

 ② 産廃の有機質資材の多くは成分不明 菌体で低分子に処理のため 作物共生菌が健全増殖できない 特に膨軟化を作るカビ増殖できない

       成分環境に が加わり 病原菌の増殖する成分環境になると考えられる 発生要因は高温での多雨多カン水で出易いと考えられます

                                                                                                                                                                  有効菌も成分環境で病原性に変貌します

 ・チッ素過多     チッ素は有害効能が数多くあるので障害軽減には施用チッ素の軽減 特に化成肥料 

                                                                                                                            <良い菌と根の活性には酸素が必要 病原菌は酸素欠乏とチッ素酸化物を栄養にして増殖>

 ◎ 初期活着生育が最も大事で 初期の天候による対策を検討しておくと良い

    樹勢増強回復  根の障害 しおれ軟弱徒長 生育不良予防改善  花落ち 葉先枯れ  稲の乳白など高温障害予防  畑の妖精の施用が効果的

       天候生育障害予防と食味品質肥大に効果的な 畑の妖精お勧め  詳細は畑の妖精いずみで検索で参考にして下さい  

                          …作物には偽りは効かないので 作物の身になっての対応…

   ・畑の雰囲気で生育を査定 土壌では菌が匂いを出し 作物は波動と匂いを出しているので畑の雰囲気は常に変わっています よい雰囲気では生育も良い・